【LiSA】横浜アリーナ「LiVE is Smile Always~364+JOKER~」まとめ!

【LiSA】横浜アリーナ「LiVE is Smile Always~364+JOKER~」を満喫!声優・アニソンシンガー

2019年4月29日・30日と横浜アリーナで行われた「LiSA」のライブ「LiVE is Smile Always~364+JOKER~」について紹介します。

LiSAはファッションセンスも高く評価されており、そういった面でも紹介したいのですが、ここではライブに関してお伝えしてきます。

エンターテイメント性が高く素晴らしいライブだったのはもちろん、彼女の人間性も感じることができるショーだったので、LiSAのライブに興味があるという方は是非参考にしてください。

↓ライブの詳細に移動する

LiSAってどんなアーティスト?

LiSAってどんなアーティスト?

LiSAは2010年に放送されたTVアニメ「Angel Beats!」の劇中バンド「Girls Dead Monster(ガルデモ)」の2代目ボーカル・ユイの歌唱役として人気を集めました。

その後、2011年に「LiSA」名義でソロデビューを果たし、アニメのタイアップを中心に人気を集めています。

2018年には自身初のベストアルバムを2枚同時発売し、デビュー以来初となるオリコン週間1位を獲得。さらに女性アーティストとしては史上4組目となるベスト盤での1・2位独占という偉業も達成しています。

LiSAが歌ったアニメタイアップ曲

LiSAが歌ったアニメタイアップ曲

LiSAってどんな曲を歌っているの?」と聞かれればアニメタイアップ曲と答えるのが1番簡単なのですが、彼女が歌う曲は有名なロックバンド(UNISON SQUARE GARDENなど)のコンポーザーが楽曲提供しているため、ロック志向の強い楽曲が多く聞き応えもあります。

元々、LiSA自身がバンドで音楽活動をしていた為、いわゆるアニソン歌手といったタイプのアーティストとは違った魅力があり、それも人気の理由の1つです。

LiSAが歌ったアニメタイアップ曲は以下の通り。数が凄いです(笑)

楽曲タイアップ
oath sign「Fate/Zero」オープニングテーマ
crossing field「ソードアート・オンライン」アインクラッド編オープニングテーマ
träumerei「幻影ヲ駆ケル太陽」オープニングテーマ
Rising Hope「魔法科高校の劣等生」1stオープニングテーマ
No More Time Machine「ソードアート・オンラインII」キャリバー編エンディングテーマ
シルシ「ソードアート・オンラインII」マザーズ・ロザリオ編エンディングテーマ
THIS ILLUSION「Fate/stay night [Unlimited Blade Works]」挿入歌
Rally Go Round「ニセコイ:」オープニングテーマ
Brave Freak Out「クオリディア・コード」オープニングテーマ
AxxxiS「クオリディア・コード」2ndオープニングテーマ
Catch the Moment「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」主題歌
だってアタシのヒーロー。「僕のヒーローアカデミア」(第2期)第2クールエンディングテーマ
ASH「Fate/Apocrypha」2ndクールオープニングテーマ
ADAMAS「ソードアート・オンライン アリシゼーション」アリシゼーション・ビギニング編オープニングテーマ
紅蓮華「鬼滅の刃」オープニングテーマ

主だったタイアップだけでもこれだけあるので、とんでもないですよね(笑)他にもテレビやゲームの主題歌、番組挿入歌なども合わせればとんでもない数になってしまいます。

楽曲やLiSAのファッションなどに関しては他記事で紹介するので。今回は「LiVE is Smile Always~364+JOKER~@横浜アリーナ」について紹介しておきますね。

LiSA「LiVE is Smile Always~364+JOKER~」とは

LiSAが各地で行っているワンマンライブではLiSAの文字をそれぞれ頭文字にした「LiVE is Smile Always」というタイトルでライブが行われています。

今回はライブには「~364+JOKER~」というサブタイトルもついており、基本的にサブタイトルがコンセプトとなったライブをしています。

「~364+JOKER~」に込めた意味は?

「~364+JOKER~」に込めた意味は?

LiSA曰く、~364+JOKER~は「1〜13までトランプの数字足すと364、そして+JOKERということで1年365日を表している。」とのこと。

産まれた日も楽しい日も、悲しい日も全ての一瞬や一日を重ねて物語を進めよう。というコンセプトのライブだったようで、映像演出などもそれに沿った内容になっていました。

LiSAのブログなどではいつも最後に「今日もいい日だっ。」という言葉が書いてあるので、実に彼女らしいコンセプトのようにも思いますし、平成最後の日だったということもあり、多くのLiSAッ子たちがそのコンセプトに共感していたように思えます。

LiSA「LiVE is Smile Always~364+JOKER~」のチケットや詳細

LiSA「LiVE is Smile Always~364+JOKER~」のチケット料金や各日程詳細は以下の通りです。

LiVE is Smile Always~364+JOKER~@横浜アリーナ 1日目

LiVE is Smile Always~364+JOKER~@横浜アリーナ 1日目

日程4月29日(月・祝)
場所横浜アリーナ
OPEN17:00
START18:00
チケット料金指定席 ¥7,980(税込)
ステージサイド席/¥7,980(税込)
2F立見/¥7,980(税込)
4F立見/¥7,980(税込)

LiVE is Smile Always~364+JOKER~@横浜アリーナ 2日目

LiVE is Smile Always~364+JOKER~@横浜アリーナ 2日目

日程4月30日(火)
場所横浜アリーナ
OPEN16:0
START17:00
チケット料金指定席 ¥7,980(税込)
ステージサイド席/¥7,980(税込)
2F立見/¥7,980(税込)
4F立見/¥7,980(税込)

チケットのほうは両日共に即SOLDOUTということで、満員の横浜アリーナは熱気と多くの笑顔に包まれていました。

平成最後の日を最高の気持ちで迎えることが多かったファンは多いのではないでしょうか。

「LiVE is Smile Always~364+JOKER~」のセットリスト

LiSAのLIVEの見どころはアニソンヒット曲が連発、そしてロックチューン満載の怒涛のセットリストにあります。

今回のライブでも攻め攻めの姿勢でお客さんたちもガンガン盛り上がっていましたが、途中に凝った演出や衣装など、曲以外も楽しめる要素が多かったです。

そんな「LiVE is Smile Always~364+JOKER~」2日目のセットリストは以下の通りです。

  1. Thrill, Risk, Heartless
  2. Rising Hope
  3. JUMP!!
  4. rapid life シンドローム
  5. アシアトコンパス
  6. 1/f
  7. LOSER ~希望と未来に無縁のカタルシス~
  8. the end of my world
  9. DOCTOR
  10. Blue Moon
  11. ONLY≠LONELY
  12. 紅蓮華
  13. ROCK-mode
  14. ADAMAS
  15. LiTTLE DEViL PARADE
  16. Psychedelic Drive
  17. Rally Go Round
  18. Hi FiVE!

アンコール

  1. スパイシーワールド
  2. Catch the Moment

曲をご存知の方なら分かると思いますが激しい曲とポップな曲がバランスよく詰め込まれており、かなり聴き応えがありました。

初日にも行っていた人から、初日と2日目でセットリストは大きな変化はなかったとの事だったので、ライブの空気感は2日間とも似た感じだったのだと思います。

個人的にはADMAS以降、約7ヶ月ぶりのリリースとなったシングル「紅蓮華(ぐれんげ)」は非常にカッコ良かったです。紅蓮華はテレビアニメ「鬼滅の刃」のオープニングテーマとなっているので、チェックしてなかった人はそちらも見てみてください。

LIVE中に演出で流れた映像

LIVEの際に映像が流されていたのですが、その映像をLiSA本人がツイートしていたので一部視聴できるようになっています。


こういった映像を入れて演出するのは、LiSAのライブの大きな魅力だといえるでしょう。

映像をアニメーション南方研究所、音楽は堀江晶太(PENGUIN RESEARCH)、CVは声優の小林ゆうといった各方面で名高いプロフェッショナルが担当しています。

おしゃれな「女性声優」ランキングベスト10!かわいい私服コーデも紹介
おしゃれで可愛い女性声優をランキング形式で紹介しています。ダサいと言われることが多い声優さんですが、実はオシャレな子もいるんです。しかも、かわいいとなればチェックしておいて損はないはず!声も良くてセンスも良いとか、絶対好きになりますよ(笑)

「LiVE is Smile Always~364+JOKER~」の販売グッズ

「LiVE is Smile Always~364+JOKER~」の販売グッズ

ライブグッズはTシャツやリバーシブルシャツ、ラグランなどのトップス系にくわえて、限定のバックパックやスマホケースなど様々なアイテムが販売されていました。

ラグランやTシャツは「HYSTERIC GLAMOUR」のようなデザインでLiSAらしいセンスが見られるアイテムでした。

ガチャなどは即完売で、他のアイテムもほとんど売り切れていたのでもしいつか購入しようと考えているならライブ会場へは早めに行って物販に並ぶことをおすすめします。

尚、物販の時間はTwitterの「@LiSA_STAFF(公式STAFFアカウント)」などで事前アナウンスしてくれるので、ライブの前日に確認するようにしましょう。

SMA通販サイト「ROCKET EXPRESS」で公式グッズが購入可能

SMA通販サイト「ROCKET EXPRESS」で公式グッズが購入可能

ライブには行けないけどグッズが欲しいという方はSMA(SONY)が運営する通販サイト「ROCKET EXPRESS」を覗いてみるのも良いでしょう。

気になる人は以下のリンクからROCKET EXPRESSのLiSA公式グッズページへ飛んでみてください。

ライブに行ったファン(LiSAッ子)の口コミ

ここまでは個人的な意見も多かったので、実際にLiSAのライブに行ったファンたちの口コミを紹介しておきます。

会場へ足を運んだファンたちがLiSAのライブをどう感じたのか参考にしてください。

沢山の人がライブに満足しているようで、見ているとほっこりしてしまいました。紹介したのはほんの一部になるので、気になる人はツイッターなどでエゴサしてみるといいでしょう。

ライブ終了後にLiSA本人は以下のようなツイートをしていました。これを見ただけでも会場の熱気が凄かったことが分かるはずです。

今後のツアースケジュールなど

2019年はホールツアーを行うことが発表されており、夏フェスと合わせて全国を駆け回るようです。既に日程が出ているので、載せておきます。

7月3日和光市民文化センター(埼玉)
7月6日ロームシアター京都
7月13日本多の森ホール(石川)
7月15日新潟県民会館
7月19日中野サンプラザホール
7月27日リンクステーションホール青森
7月28日仙台サンプラザホール
8月11日市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本)
8月12日福岡サンパレス
8月25日大宮ソニックシティ
9月5日・6日オリックス劇場(大阪)
9月10日名古屋センチュリーホール
9月21日オリンパスホール八王子
9月27日岡山市民会館
9月28日広島文化学園HBGホール
10月5日松山市民会館
10月15日カナモトホール(北海道)

夏フェスへの出演も既に発表されていますし、夏場で本数も多いので喉のケアや身体の状態には気を付けて頑張って欲しいですね。私もどこかの会場に行くと思うので、思いっきり楽しみたいと思います。

まとめ

LiSAのライブは盛り上がりが凄いのはもちろんですが、彼女の細い身体から放たれる存在感、そして絶対的な歌唱力は素晴らしいの一言です。

テレビなどで見たことがある人は多いと思いますが、生のライブにはテレビや映像では伝わらないものを感じることができます。

私自身、何度見ても毎回圧倒されてしまいますので、女性ボーカルに興味がないという人やロックしか聞かないなんて人には特におすすめですよ。